Help

「樹下ヤクシー像」~珠玉の仏教彫刻 The most renowned Yakshi  *豊饒の切なる願い鑿に込めヤクシーの陰(ほと)を彫りいだしけん

  • 1066

Photos: 「樹下ヤクシー像」~珠玉の仏教彫刻 The most renowned Yakshi  *豊饒の切なる願い鑿に込めヤクシーの陰(ほと)を彫りいだしけん

Photos: 第1塔南塔門~仏教彫刻 The southern torana at the Great Stupa

サーンチー第1塔東塔門の魅力溢れる「樹下ヤクシー女神像」。
天竺一の美女のヤクシー女神、左手でマンゴーの枝を握り、、右手は樹間に絡めて、マンゴーの実を握っている。
両手の角度、胸から頭部の角度と腰から下の角度と、美しく流れる。
女性の豊満な肉体は、豊穣・多産を象徴する 汎インド的な造型と言われる。
陰部の表現など見るに、我々に刷り込まれた禁欲的な仏教のイメージからは想像もできないほど、開放的でおおらかだ。
たわわに実るマンゴーの木、象使い、獅子、孔雀、渦巻模様など、ぎっしりと彫刻がほどこされていて、目を見張るばかりである。完成度の高いノミの跡に匠の熱き思いが込められている。

*2014/10/17追記:
 ヤクシニーは、古代インドの豊穣の女神。マンゴーの樹の下で木枝に手足を絡ませた姿が代表的だ。
この意匠は豊穣の祈りを乗せて、シルクロードを東漸し、(タジキスタンではマンゴーがブドウ樹に変わるように)、様々な民族、文化と出会いながら、その姿を変容させていったのだろう。
 東の果て、奈良で結実した至宝が「鳥毛女屏風」だった。
    (2014/10/17付讀賣新聞朝刊のコラム「樹下美人を求めて」下から引用)

Yakshi beneath a mango tree.
Shalabhanjika(Yakshi or Yakshini) on Eastern Torana (gateway), is the best known sculpture of Sanchi complex near Bhopal, a World Heritage site, built from the 1st to the 12th centuries.
Salabhanjika, as young girl at the foot of a tree, is based on an ancient tree deity related to fertility.

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.