ヘルプ

大林勘左衛門貞次屋敷跡(豊川市)

  • 1
  • 215

写真: 大林勘左衛門貞次屋敷跡(豊川市)

写真: 長谷寺(豊川市) 写真: 一色城(豊川市)

標柱がなくなってたんですけどー?(―¨―;)

アルバム: 公開

お気に入り (0)

まだお気に入りに追加している人はいません。

コメント (1)

  • 晴耕雨読 @黄昏の番犬

    山本勘助伝説──
    山本藤七郎3男。
    15歳の正月、牧野氏家臣 大林勘左衛門貞次の養子となる。名を大林勘助貞幸。大林家に嗣子がいなかったためとされる。
    26歳になってから、武者修行へ諸国訪問に出る。
    35歳の冬に大林家へ戻ると、男児に恵まれ継嗣問題が解消されていた。
    自分の存在は不要、邪魔になると判断した勘助は自ら養子縁組を破談にして大林家を去ったとか。

    2016年6月1日 22:51 晴耕雨読 @黄昏の番犬 (0)

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。