Help

13.10.09.素盞雄神社(南千住6丁目)東鳥居

  • 34

Photos: 13.10.09.素盞雄神社(南千住6丁目)東鳥居

Photos: 素盞雄神社(南千住6丁目)拝殿東 ・子育ての銀杏 Photos: 11.02.19.素盞雄神社(南千住6丁目)西鳥居

素盞雄神社(南千住6丁目)
https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000012064387&owner_id=32815602
2011年02月20日 01:59
11.02.19.
国道4号沿い。地元では天王様と呼ばれている。南千住、三ノ輪、三河島、町屋など61町にも及ぶ区域の総鎮守で、旧郷社。例祭「天王祭」は、都内でも珍しい二天棒の神輿で神輿振りをする事で知られている。
当社の開祖となる黒珍(こくちん:修験道の開祖役小角の高弟)の住居の東方小高い塚上に奇岩があった。黒珍はそれを霊場と崇め日夜斎戒礼拝すると、平安時代延暦14(795)年4月8日の夜、小塚の中の奇岩が突如光を放ち二柱の神様が翁に姿を変えて現れ、「吾はスサノオ大神・アスカ大神なり。吾れを祀らば疫病を祓い福を増し、永く此の郷土を栄えしめん。」と御神託を授け、黒珍は一祠を建て鄭重にお祀りし、当社が創建された。
次いでスサノオ大神の御社殿を西向きに御造営し6月3日、アスカ大神の御社殿を南向きに御造営し9月15日、それぞれ御神霊をお遷し致し、4月8日「御創建疫神祭」・6月3日「天王祭」・9月15日「飛鳥祭」の祭禮日が定まりました。享保3(1718)年、類焼による両社炎上のため、同12年に相殿(あいどの:一つの御社殿)として二柱を祀る御殿(瑞光殿:ずいこうでん)を新たに建築し奉斎された。

●13.10.09.



改めて――
素盞雄神社(南千住6丁目)
御祭神、素盞雄大神・飛鳥大神
御神徳、厄除け・繁栄・繁盛
創建、伝 延暦14(795)年

巡回マップ→ https://drive.google.com/open?id=1Rm79KFD1ROXpubMspS2px71HndVM5btU&usp=sharing

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.